銀行員 年収

銀行員の年収:地方銀行と平均

銀行員の年収は、やっぱり高そうです。 文句を言いたい人、多いのではないでしょうか。

しかし、一時よりも多少は下がっていたりするのではないでしょうか。 非公開にしてしまった銀行もあるので、確かなことは言えませんが、これまでの傾向はあります。

ひとくちに銀行員の年収といっても、銀行による格差もかなりあります。 大手の優良な都市銀行なら、30代後半で1,100万円ぐらいはいくようです。

こういう大手の銀行員の年収をみていると、不良債権だの自己資本比率だの貸しはがしだの、いい加減にしてほしいと思う一般企業のサラリーマンは多そうです。

しかし、地方銀行になると多少事情が違うようです。 地方銀行の銀行員の年収は平均で、高くても700万円、低いと400万円ぐらいにまで落ち込むようです。

バブル前は良かったのですが、バブル後は一般企業と同じか、むしろ低いところもあるようです。 やはりどこの世界にも勝ち組と負け組がいるという感じでしょうか。

銀行員の年収の違い

あと一般的に言われるのは、銀行員の年収は40歳前後から分かれてくるという説です。 かなり競争の激しい社会ですから、順調に支店長などになれれば大手都市銀行では1,500万円前後までハネあがるようです。

しかし、競争に敗れ、出向になったりすると、それまでの給料より下がったりすることもあるようです。 社内の競争には、資格取得が条件になっている銀行も多いです。

たとえば、FP(ファイナンシャルプランニング技能士)、簿記検定、証券外務員などです。 そのような資格の勉強もしつつ、社内人脈にも気を配りつつ、レールから外れるわけにも行かず、ですからけっこう合わない人にはストレスがたまるかもしれません。

一日12時間ぐらいなら、9時から9時まで、この程度の業務量は一般企業でもそんなに珍しくないと思います。 (もちろん、いいか悪いかは別です。)

それで大手都市銀行の年収なら、決して安くないし、やはりお得な職業なのでしょう。

ただ、例外として、銀行勤務でも、システム系のセクションに勤めるシステムエンジニアは、全く違い、さらに長時間労働をしているようです。

これは、銀行員というよりも、SEの勤務だからなんですね。

スポンサード リンク

銀行員の給料

銀行員の給料に注目

銀行員は高給取り

銀行員といえば、高給の引き換えに超激務、という印象もありますが、これも銀行によりけりのようです。 そういう銀行もあるようですが、窓口業務の人はほぼ定時で毎日上がっているようですし、それ以外の総合職的な人でも、部署によりますがだいたい一日に12時間ぐらいの勤務時間のようです。